今ではM&Aを行うIT企業が増えている

IT業界の譲渡とM&Aに関する裏話

事務の仕事ができるソフトを販売している会社が、大手IT企業にM&Aにより買収されたことがあります。その動きを知った同業者達は、同じような企業を買収するという行動に出ました。中には事業譲渡に近い所もありましたが、資本の差を見せつけられるような結果が大半を占めていました。
大手IT企業は、手に入れたソフト販売会社を2年後に2倍の価格で他社へ売却しています。手放すのが早ければ転売ですが、時間が経過してからの売却なので優れた投資手腕を見せつけたことになります。
2008年のショックから立ち直ったIT企業達は、再びM&Aの対象を探し始めました。その中には同業ではなく、畑違いと思われる業種へ手を出した所もありました。M&Aを成功させれば連結させることができ、業績を示す売上高や経常利益を増やせます。利益が増えると株価が上がるので、投資家達は大いに喜んでいます。
現代のIT業界のM&Aの動きは、以前に比べるとやや沈静化してきています。M&Aによる譲渡で手に入れた企業に対し、手を加えて成長させようとしているIT企業が多いです。これはテコ入れとも言える行動ですが、失敗をしたという報道はないので成功していると見て良いでしょう。

IT業界の譲渡やM&Aの最近の動き

2011年に発生した地震による影響で、IT業界のM&Aは一時的に活動を停止していました。ですが、2012年末に政権交代してからは、同じ業界内による事業譲渡、またはM&Aなどを行う企業が増えています。その中には利益を大きく伸ばした企業もあるので、活発化していることがよく分かる話と言えます。
M&Aによる買収は、敵対的という言葉が使われることが多いですが、友好的なパターンもいくつかありました。それは適切な株価の価格より、かなり高値で買い付けた場合です。投資家の間ではこれほどの値段なら喜んで売ると考える人が相次ぎ、円満な結果に終わる場合も多かったです。また、企業にいる社員に対しては、買収前と同じ境遇を維持したり、心理負担を解消するために特別な利益を追加するなどの対策を行っています。
IT産業は、ネットでテレビを見られる仕組みを次々に構築していきました。一部のIT企業の中には、テレビに関する会社や動画を配信している企業を買収し、そこで得た技術を使って配信している所もあります。技術がなくても他社にM&Aを仕掛け買収することで、その会社の持つ技術を吸収することができます。これは、その動きを見事に表現したやり方と言えます。

Contents

互いに様々なメリットがあるIT企業のM&A

IT業界におけるM&Aのメリットとは 現在、IT業界でM&Aが増加しています。これは、人材の確保や新規分野への進出など、様々な目的があるのですが、M&Aによる譲渡の際に売り手側と買い手側でどのようなメリット…

More...

なぜIT業界でM&Aによる譲渡が頻繁に起こるのか

企業の潜在的価値を引き出すレバレッジ 買い手はバイアウトに必要とされる現金を調達し、経営陣に対するインセンティブシステム(勤労意欲を刺激するための制度)を考案します。数%の加減はありますが、買収資金全体の約…

More...

IT業界の未来のために知恵を出し合う

成功している経営者へ引き継ぐ意味 IT業界のトップを目指して努力してきた人が今後のビジネスへ限界を感じたならば、事業の譲渡や継承を考える必要性が生まれます。ITの譲渡やM&Aに関する事柄は、優秀な経営者へ後…

More...

今ではM&Aを行うIT企業が増えている

IT業界の譲渡とM&Aに関する裏話 事務の仕事ができるソフトを販売している会社が、大手IT企業にM&Aにより買収されたことがあります。その動きを知った同業者達は、同じような企業を買収するという行動に出ました…

More...