互いに様々なメリットがあるIT企業のM&A

IT業界におけるM&Aのメリットとは

現在、IT業界でM&Aが増加しています。これは、人材の確保や新規分野への進出など、様々な目的があるのですが、M&Aによる譲渡の際に売り手側と買い手側でどのようなメリットが存在するのでしょうか?今回はIT業界でのM&Aによる譲渡のメリットについて書いていきたいと思います。
まず、売り手側のメリットですが、人材獲得による後継者問題の解消や、有力なグループの傘下に入ることで安定的、効率的な事業経営ができ、従業員の雇用の維持することができます。さらに、創業者利益を獲得や借入金の個人保証や担保を解消などのメリットが存在します。自社自身だけでの運営が金銭面などで困難な場合、このように大手のグループの傘下に入ることで様々なメリットを得ることが出来ます。
そして、買い手側のメリットとしては新ビジネス立ち上げの時間を節約や経験豊富なエンジニアの一括での確保、事業基盤の拡大によるスケールメリットの享受などがあげられます。買い手側としては、即戦力を一気に獲得することが出来、時間やコスト面でかなりのメリットが存在しているのです。このようにIT業界におけるM&Aは、互いに様々なメリットがあり今後もM&Aを行う企業が増えていくと思われます。

日本のIT業界を発展させる方法

日本のIT業界を発展させるために必要なことについて書いてみたいと思います。IT業界というと、この20年間に大きく成長した市場ですから、新規参入が非常に多いです。そして、供給過多となると、当然過当競争が発生しますから、企業経営者は必ず正しい判断をしなければなりません。
でも、心配はありません。司法書士がその正しい判断を促してくれますから、「正しいM&A」「正しいITの譲渡」により適法かつ最適な会社経営を実現することができます。日本のIT業界で最も有名だった芸能人はかつて、経営者時代に会計士と結託して、粉飾決算を繰り返したことで、会社がつぶれてしまいました。会社本体の専門家は司法書士、そしてその下に税金や会計の専門家として税理士、労務の専門家として社労士、会計チェックの専門家として会計士がいますので会社経営者はこの仕組みを知っておく必要があります。
1年間IT企業をを経営して、その結果、不採算事業が出れば、司法書士が事業の売却や分割など正しい会社経営をアドバイスしますので、その助言を大切にしましょう。決して会計操作や従業員の長時間労働で乗り切ろうとしてはいけません。昨今、日本企業の信用性を低下させる不祥事が相次いでいますので、正しい会社経営をすることが自社のみならずIT業界全体の発展につながるということを意識しましょう。

Contents

互いに様々なメリットがあるIT企業のM&A

IT業界におけるM&Aのメリットとは 現在、IT業界でM&Aが増加しています。これは、人材の確保や新規分野への進出など、様々な目的があるのですが、M&Aによる譲渡の際に売り手側と買い手側でどのようなメリット…

More...

なぜIT業界でM&Aによる譲渡が頻繁に起こるのか

企業の潜在的価値を引き出すレバレッジ 買い手はバイアウトに必要とされる現金を調達し、経営陣に対するインセンティブシステム(勤労意欲を刺激するための制度)を考案します。数%の加減はありますが、買収資金全体の約…

More...

IT業界の未来のために知恵を出し合う

成功している経営者へ引き継ぐ意味 IT業界のトップを目指して努力してきた人が今後のビジネスへ限界を感じたならば、事業の譲渡や継承を考える必要性が生まれます。ITの譲渡やM&Aに関する事柄は、優秀な経営者へ後…

More...

今ではM&Aを行うIT企業が増えている

IT業界の譲渡とM&Aに関する裏話 事務の仕事ができるソフトを販売している会社が、大手IT企業にM&Aにより買収されたことがあります。その動きを知った同業者達は、同じような企業を買収するという行動に出ました…

More...