なぜIT業界でM&Aによる譲渡が頻繁に起こるのか

企業の潜在的価値を引き出すレバレッジ

買い手はバイアウトに必要とされる現金を調達し、経営陣に対するインセンティブシステム(勤労意欲を刺激するための制度)を考案します。数%の加減はありますが、買収資金全体の約10%が企業を運営する経営者、あるいは他の関係者から構成されている主要な投資家グループから提供され、外部の投資家が残りの株式を提供します。
経営陣は、ある財政目標が達成された場合に彼らの所有権の割合を増加させるストックオプションやワラント債も受取ります。残りのキャッシュの大部分、普通、買収価格の約50%~60%は抵当貸しもしくは担保付き貸出によって調達されているため、LBOはレバレッジで投機する買収という言葉になります。
また、安全な資本構成であってもLBOは非常にレバレッジが高いと同時にリスクもあります。しかし、借入は2つの重要な利点を提供します。この利点こそが投資家グループが資金調達の大部分を借入に頼る理由になっています。第1の利点は、借入は投資家に利息の課税控除の結果として貴重なタックスシールドを提供します。レバレッジの高い取引が付加する価値は、このような税制上の優遇措置に因るところが大きいのです。
第2の利点は、それが経営陣を統制するツールとして働くことです。金融の世界は古くから「借入と共に眠りから覚め、株式と共に眠る」といわれるように、借入は経営者に事業の徹底した効率化を迅速に実現させるよう促します。

IT業界におけるM&A

皆さんは、M&Aというのをご存知でしょうか?M&Aというのは、企業間の合併や買取や企業の譲渡を意味する言葉でこれをすることで様々な問題を解決することができるようになるのですが、このM&Aですが最近、IT業者で頻繁に見られるようになってきているのです。では、一体なぜIT業界でM&Aによる譲渡や買収が頻繁に起こっているのでしょうか?
IT業界でM&Aを行う主な理由としては、優秀な技術者の確保や顧客基盤の拡大、新規分野への進出を目的として行われることが多いです。IT企業にとって優秀な人材の確保は重要な要素であり、優秀な技術者や従業員がいなければ高度なシステムや新規分野へ進出することもできません。そんな問題を解決するためにM&Aを行う企業が増えてきているんですね。
また、IT業界には何度も起業するシリアルアントレプレナーと呼ばれる人が多く、そんな人たちの資金調達の目的としてM&Aが行われる場合もあります。自分の会社を合併したり、譲渡したり、買取をされたりするM&Aですから抵抗がある経営者の人も多いのですが、IT業界にいる人たちは他の分野に比べ、柔軟な考え方の人が多くメリットがあり、今よりも良くなるならばM&Aをするべきだと考える人もいるのです。

Contents

互いに様々なメリットがあるIT企業のM&A

IT業界におけるM&Aのメリットとは 現在、IT業界でM&Aが増加しています。これは、人材の確保や新規分野への進出など、様々な目的があるのですが、M&Aによる譲渡の際に売り手側と買い手側でどのようなメリット…

More...

なぜIT業界でM&Aによる譲渡が頻繁に起こるのか

企業の潜在的価値を引き出すレバレッジ 買い手はバイアウトに必要とされる現金を調達し、経営陣に対するインセンティブシステム(勤労意欲を刺激するための制度)を考案します。数%の加減はありますが、買収資金全体の約…

More...

IT業界の未来のために知恵を出し合う

成功している経営者へ引き継ぐ意味 IT業界のトップを目指して努力してきた人が今後のビジネスへ限界を感じたならば、事業の譲渡や継承を考える必要性が生まれます。ITの譲渡やM&Aに関する事柄は、優秀な経営者へ後…

More...

今ではM&Aを行うIT企業が増えている

IT業界の譲渡とM&Aに関する裏話 事務の仕事ができるソフトを販売している会社が、大手IT企業にM&Aにより買収されたことがあります。その動きを知った同業者達は、同じような企業を買収するという行動に出ました…

More...